濡れ髪専用!タングルティーザーのザ・ウェットディタングラーが便利!

今回購入したのは、タングルティーザーの「ザ・ウェットディタングラー」です。イギリス生まれのヘアブラシブランドで、髪のもつれが簡単にほどけてツヤ感が出せるとSNSでも評判のアイテムですよ!

そのタングルティーザーの中でもザ・ウェットディタングラーは、濡れ髪専用でお風呂場でも使えるんです。すでに1年半ほど愛用していて、次もリピートしようと思っています。まずは実際に使ってみて、良かった点・良くなかった点を以下にまとめました!

ザ・ウェットディタングラーの良かった点・良くなかった点

    良かった点

  • 髪がもつれない
  • お手入れがしやすい
  • 軽い
    良くなかった点

  • 使い始めは少し頭皮が痛い
  • ホコリが目立ちやすい

最も良かった点は、髪がもつれないことです。ヘアブラシだから「もつれないのは当然」と思うかもしれませんが、他のブラシと比べてかなりクシ通りが良いですよ

私は猫っ毛で、結構髪が絡まりやすいです。なので以前使っていたヘアブラシでは絡まりがほどけず、毎回とても痛い思いをしていました。ですがコレなら、肩下20cmのロングの私でも無理なくとかせています!

いきなりちょっと褒めすぎたかもしれませんが、私にとっては感動するほどの使い心地だったんです。そしてUK・EUではもちろん、日本でも特許を取得している二段構造のブラシで髪への負担を軽減しています

ブラシの長さが変えてあるから、無理な力を使う必要がないとのことですよ。正直ブラシの長さで、こんなに変わるとは思いませんでした。(笑)

またトリートメントをする時に使えば、もつれず均等に伸ばせるのもポイントですね。ちなみに濡れ髪専用とありますが、私は乾き髪にも使っちゃっています!

個人的にはこちらのブラシを使うと、サラツヤ感がアップしたなと感じています。

そしてお手入れがしやすいのも良い点です。ヘアブラシは、どうしても髪の毛やホコリがブラシの間に詰まってしまいがちですよね。ですが、ザ・ウェットディタングラーはお風呂でも使えるので洗えるんです

とっても手軽にケアができるので、汚れが目についてきたらサッと洗っています。抜け毛は毎回付いてしまうので、手で取り払っています。これは他のヘアブラシと同じです。

そして本体が軽いのも、良い点だなと感じています。以前は木製で獣毛のヘアブラシを使っていましたが、なかなか重かったんです。ですがこちらは重さが気になりません!

試しに自宅のキッチン計りで計測してみると約65gでしたよ。卵1個は約60gなので、同じくらいです。

なぜザ・ウェットディタングラーを買ったかと言うと、ドライヤー時の髪の絡まりに嫌気がさしたからなんです。髪が濡れていると余計ほどけにくくなり、毎回痛くなりながら乾かしていました。

でも実はずっとそんな状態だったので、放置していたんです。そんなある時、めちゃくちゃに髪が絡まってしまいました。

格闘の末、何本か切ることになり「このままじゃいけない!」と思ってザ・ウェットディタングラーに行き着いたんです

購入してみると、かなり使い心地が良くてビックリしました。でもやっぱり、良くなかった点もあったんです。ここからは良い点・良くなかった点も踏まえて、使い心地をレビューしていきますね!

TANGLE TEEZERのザ・ウェットディタングラーを使ってみた!実際の口コミレビュー!

それではザ・ウェットディタングラーを使ってみた、口コミレビューをご紹介していきます!箱はプラスチックケースで、ブラシが折れ曲がらないように配慮されていますね

またブラシ自体は、ほどよく柔らかいですよ。良くなかった点で挙げましたが、最初の1週間は使うたびに頭皮が痛かったです。でもいつの間にか病みつきになっていました!(笑)

色は明るいカラーを中心に、全5色があります。良くなかった点でも挙げていますが、明るい色なのでどうしてもホコリが目立ちやすいです。ホコリがくっつくと、以下のような感じになります。

ザ・ウェットディタングラーのお手入れ方法

特に冬の季節は乾燥してるせいか、ホコリがつきやすいです。すぐに取れそうな場合は、竹串を使って取っています。あまりグリグリやってしまうとキズがつくので、優しく行ってくださいね。

取りづらいときは、水で流しながら竹串を通すと撃退できます。ですが水洗いだけでOKな時もあるので、汚れ具合に合わせてやり方を変えるのがおすすめです。

仕上げに、しっかり水気を拭き取ります!優しく全体を拭うようにして、さらにタオルを少し叩くようにトントンとすると水滴を落としやすくなりますよ。

水気が残るとやっぱり不衛生なので、仕上げとしてブラシの隙間にドライヤーの冷風を当てて完了です。私はいつもお風呂上がりにお手入れをして、タオルやドライヤーの準備を省くようにしています!

また一部の口コミでは、内部に水が入ってしまうというものもありました。私のものは大丈夫ですが、個体差や使用状況によっては水が入ってしまうかもしれないのでご注意くださいね

ザ・ウェットディタングラーは使いやすくてお手入れも簡単!

そしてハンドル部分は、濡れた手で使っても滑りにくいようカーブとフチがあります。外側はツルツルした表面ですが、内側はマットな質感です。。濡れた手でも滑ると感じたことはありません。

さりげなくTANGLE TEEZERのロゴも入っています。見た目がおしゃれなので、使う時にテンションが上がるのも魅力です!

このようにヘアブラシとしても使いやすく、お手入れがしやすいので便利です。このヘアブラシに出会って、ずっとボブでしたがロングに挑戦しようと思えました

私にとってはとても良い商品でした。ぜひあなたのヘアブラシ選びの参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました