【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)は軽量でコンパクト?どこで買うのが安い?

今回、折り畳み自転車「レイチェル シマノ6段変速付き折り畳み自転車」を購入しました。「シマノ」の6段変速とノーパンクタイヤを装備しています!

折り畳み自転車じゃなくても良かったのですが、おしゃれさとノーパンクタイヤが決め手となり購入しました。組み立てから1か月乗ってみて良かった点・良くなかった点を以下にまとめてみました。

気になるコンパクトさや軽量さなども合わせてお伝えできればと思います。

【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)の良かった点・よくなかった点

良かった点

  • 形(見た目がステキ!)
  • パンクレス
  • かご付き・鍵付き・ライト付き
  • 泥よけがしっかりカバーしてくれる
  • 組み立てが簡単!
  • シマノ6段変速付き
  • メーカー保証が1年

良くなかった点

  • 本体はそれほど小さくないが、折り畳めばコンパクト
  • ガタガタ道はお尻が痒くなるのでカバーが必要!
  • 使い方により個人差がありますが、軽量とは思えない。どちらかと言えば重め

私が一番気に入っているのは、ノーパンクタイヤでフォルムがおしゃれなところです。

パンクが年に1~2回あり、近所に自転車屋さんがないためパンクした自転車を押しながら自転車屋さんに行くのがとても苦痛でした。

今では出張パンク修理で購入店だと電話1本で来てくれますが、その店で購入していないと断られることも多く、ノーパンクタイヤを探しました。

【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)のサイズ・重さ

タイヤの大きさは20インチで、サイズは上記のようになっています。大きさが1710mmですが、一般的な折り畳み自転車と大きな差はありません。

重量は17.7Kgで、同じレイチェルの中でも重めだと思います。

近場で普通に乗るには申し分ないです。しかし、キャンプやサイクリングなど移動先で乗りたい場合、女性が運ぶにはまぁまぁ重いと思います。

【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)を組み立ててみます!

では、早速組み立ててレビューしてみたいと思います。

今回、急いでいたので翌日配送のアマゾンで購入しました。身長150cmの私もゆったり入るほど大きな箱で、クロネコヤマトさんが玄関まで入れてくれました。

写真は撮影できなかったのですが、上記のような形で「カゴとサドル・ペダルの右側」は外してあり、折りたたまれた状態で箱に入っています。

折りたたんだ状態のものを広げます。我が家は広いスペースが無いのでキッチンで組み立てることにしました。
広げると、この状態です。ここまでドライバーやレンチなども不要。

「かご・サドル・小さな箱」も入っています。

小さな箱の中は「取り扱い説明書・ペダルの右側・カギ・ライト・レンチ・前車輪外側のキャップ1個」が入っています。まずは取扱説明書を手にしてくださいね!

付属物の取り付け順は決まっていないようです。
私はサドル → ペダル → かご → ライト → 前車輪外側のキャップの順に進めました!

サドルは差し込むだけです!これは簡単ですね^^

次にペダルです。こちらは説明書を見て、付属のレンチを使って反対回しで取り付けます。簡単でした!

そしてカゴを付けます。ハンドルの前にかごを取り付けるスペースがあり、付属の金具でレンチとドライバーでボルトを締めていきます。

これでカゴはOKのようです!次にカギです。サドル盗難防止のためサドルの差し込み部分に取り付けます。

サドルを一度抜いてカギを固定したらサドルを戻します。カギは固定具から取り外しができるため、前輪や後輪のタイヤにも施錠ができます。

次はライトです。こちらは説明書がありませんがネジで取り付ける簡単な仕様になっています。

最後に前輪の外側のキャップをはめ込んで完成!あとは、保護している梱包材を取り除きます!

折り畳み自転車なので上記の2か所で本体を折り曲げることができます。走っている途中で折り畳まれてしまわないよう固定レバーを締めます。

レバー式なので下記のように固定します。

レイチェルは「かご付き・鍵付き・ライト付き」6段変速もあり、何と言っても「組み立てがほぼ不要!」というのは口コミ通りです!

組み立てと言うよりも、折りたたんだ本体を広げてあげるだけ!というイメージでしょうか。かご・サドルの取り付けは、不器用な私でも簡単でした!

良くない点を考えてみましたが特にありません。口コミで多かった「本体の重さ」はそれほど気になりませんでした。私の場合、持ち運びを前提としていないからだと思います。

どちらかというと、広げた状態は購入前のイメージより大きかったです。でも、しっかりした作りなので満足です。

【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)の乗り心地!

一番最初の試し乗りの際、ハンドルが軽すぎてびっくりしました。ですが、数分乗ったらすぐに慣れ、街乗りでゆっくり走る分には快適です!

しかし、ガタガタ道というか、荒くて劣化したコンクリートの道はお尻が痛くなると同時に痒くなりました。

イメージ的には「スーツケースを転がして大きな音が鳴るようなガタガタ道」はタイヤが硬いため小刻みにサドルが振動します。痛くなるというよりお尻が痒くなる感じです(笑)

また、ノーパンクタイヤで安心感はありますが、長時間乗るというより1時間程度の短距離に向いているように思います!これはノーパンクタイヤの特徴かもしれません。

なので、短距離のチョイ乗りにはぴったりだ思います。

そして、最後になりましたが6段変速はさすがにシマノブランドです。引っかかりもなくスムーズな切り替えで快適に使えています。平らな道はギア「4」で使用しています。

【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)はどこで買うのが安い?

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど、ネット上ではほとんど値段の格差がありません。送料も無料のお店が多いです!
しかし、近所の自転車屋さんだと3万円越えでした。組み立て賃も込みなんだと思います。

組み立ては簡単なので、安く買いたいならネットでの購入がベスト、家まで宅配便で運んでくれるのは、とてもありがたかったです!

まとめ

結果的に【折り畳み自転車】レイチェル(シマノ6段変速付き)は私にとっては軽量ではありませんでした。
また、折り畳めばコンパクトですが、広げると意外に大きかったです。

  • ノーパンクタイヤの安心性
  • 軽い乗り心地
  • シンプルでおしゃれなフォルム
  • 持ち運ぶことがほとんどないライフスタイル

こういった条件であれば、満足できる折り畳み自転車だと言えると思います!

現在は平坦な道しか走っていませんが、旅行にも持って行ける日が来るのを楽しみにしています♪

折り畳み自転車購入の参考にしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました