コートドールのタブレット・ミルクを口コミ!カルディや成城石井など安い取扱店は?

カルディや成城石井でも取り扱いがあり、美味しいと人気なのがCOTE DOR(コートドール)の板チョコ「タブレット・ミルク」です。

コートドールはベルギー国民に愛され続け、130年以上もの歴史あるブランドだそう。最も濃いチョコレートがコンセプトと聞いて、どんな味なのか試したくなり購入してみました!

実際に食べてみると濃厚で美味しいですが、それだけではない良さがあったんです。また、後味も良くてお気に入りのチョコになりました。

そこで今回は、コートドール タブレット・ミルクの味わいの感想と共に、サイズや内容量・安い取扱店について徹底解説します!

コートドール タブレット・ミルクの良かった点・良くなかった点

まずはタブレット・ミルクの良かったところ、良くなかったところをまとめています。参考にしてみてくださいね!

    良かった点

  • カカオ感と甘さが濃厚で美味しい
  • 150gの大容量(一般的な板チョコ約3枚分)
  • スティック状にキレイに割れて食べやすい
  • パッケージのデザインが可愛らしい
    良くなかった点

  • 1本あたりのカロリーが高め

一番良かったと思った点は「カカオ感と甘さが濃厚で美味しい」ところです。ブランドコンセプトが「最も濃いチョコレート」というだけあってかなり濃厚でした!

カカオ感もしっかりあるので、甘ったるくなりすぎずとてもバランスが良いなと思います。

また150gの大容量なところも気に入りました!日本の一般的な板チョコは50g前後が多いため、タブレット・ミルクは約3枚分もあるんです。

これだけの量があると一気には食べ切れないのですが、スティック状に割ることができるので食べやすいんですよ。パッケージデザインもレトロな雰囲気がして可愛らしいです。

良くない点もありましたが、購入して良かったなと思える美味しいチョコレートでした。次の項目から、商品の特徴を詳しくご紹介します!

COTE DOR(コートドール)の板チョコ!タブレット・ミルクを購入レビュー!

それでは、コートドール タブレット・ミルクをレビューしていきますね!正面に大きく「Côte d’Or」とロゴが入っていて、手触りの良い紙に包まれていました。

高級感が漂っており、安っぽさは感じられません。

裏面には原材料欄が記載されています。フランス語で書かれている上から、日本語のシールが貼られていました。お客様相談室の電話番号まであり、輸入お菓子ですが安心できるなと思います。

手に持った感触はずっしりとした感じで、かなり厚みがありますね。日本の板チョコと比べるとビックリする位大きいです(笑)

さっそく外紙を開けると、中には銀紙に包まれたチョコが2枚入っていました!

銀紙は折り曲げて閉じられているため、破らなくても開けられます。私はうっかり破ってしまいました。
でも、これなら再度閉じやすいので少しずつ食べたい人も保管しやすいです!

銀紙を開けると同時に甘い香りが広がります。

1枚を銀紙から取り出し、試しに割ってみるとキレイにカットできました!1本はやや大きめに感じられましたが、スティック状なので食べやすいです。

ここで気になったのが、チョコ自体と包み紙に描かれている象のマークでした。

100年以上前から使われているロゴで、象とヤシの木は西アフリカが由来となったとのこと。歴史を感じさせるマークだなと思います。

コートドール タブレット・ミルクのサイズ!

タブレット・ミルクのサイズを測ってみると横約12.3×縦5.5×厚さ1cmでした。スティック状にした場合は横約1.5cmです。

スティック状に割ると、やや大きめの一口サイズになって食べやすくなりました!

コートドール タブレット・ミルクの内容量とカロリー!

タブレット・ミルクの内容量は全体150g/1枚あたり75gとなります。カロリーは1枚(75g)395kcalです。

スティック状に割った場合1枚で7本に分けられるため、ざっくり計算すると1本あたり約10.7g/約56.4kcalとなります。

良くなかった点でも挙げましたが、1本あたりのカロリーはかなり高めです。100gあたりのカロリー量はまずまずなものの、2本食べたら100kcal超えてしまうので、量には注意が必要ですね!

コートドール タブレット・ミルクを実食レビュー!

続いて、タブレット・ミルクを実際に食べてみたいと思います!2本割ってコーヒーと共に食べました。

さっそく頬張ってみると、最初は甘味が強く感じましたが噛むほどにカカオが強くなり美味しいです!
少し融点が高めなのか、口に入れてすぐに溶けるのではなくやや時間がかかる感じがします。

溶けるまでの間にカカオがだんだん強く感じられ「最も濃いチョコレート」というのも納得です。そのためもあってか、ミルクはやや控えめに感じられます。

濃い=苦いではなく、甘さも共存していて病みつきになりそうです!1本食べるだけで満足感もあります。同じシリーズの別の味もあるため、そちらもすぐに注文してしまうほど美味しかったです。

コートドール タブレット・ミルクが安いのはどこ?取扱店の価格を比較!

価格表Amazon楽天Yahoo!
イメージ画像
価格999円612円612円
送料について※ 送料は会員特典や発送地域により異なるため、あえて記載しておりません。

タブレット・ミルクが安いのはどこなのか?取扱店の価格を比較してみました!一番安かったのは楽天とYahoo!です。

我が家の近くのスーパーでも売っていましたが、楽天・Yahoo!よりも少し高めでした。送料によって最安は変わるので、検討される際は色々なショップを比較するのがおすすめです。

コートドール タブレット・ミルクの口コミを集めました!

タブレット・ミルクの評判はどうなのか口コミを集めました!私はおいしいと思いましたが、他の人はどう感じたのかTwitterを中心に見てみましたよ。

コートドール タブレット・ミルクの口コミまとめ!

タブレット・ミルクの口コミを見たところ、全体的に評判がかなり良いなと思いました!ベルギーでは定番というだけあって口コミの件数自体も多いように感じます。

良い口コミの中には「美味しい」「ボリューム感がある」という声が目立っていて「強めの甘さがいい」というものもありました。

良くない口コミはほとんどありませんでしたが、強いていうなら「カロリーが高い」という声はありましたね。日本の板チョコ3大ブランドと比べるとほぼ変わりませんが、割った1本あたりの量が多いです。

そのため、カロリーが多く思うのは私も同感です。良くない点もありますが、総合すると良い口コミが多数だなと感じますね。

コートドールの板チョコにはビターもある!

画像出典:株式会社巴商事 コートドールのページ

コートドールの板チョコにはシリーズがあり、ビターのタイプもあります。今回はタブレット・ミルクを購入しましたが、他に「タブレット・ビター」「タブレット・ノアーデノアー」もあるんです。

タブレット・ノアーデノアーは、一番ビター感が強いタイプです。ビター好きの方は、ぜひこちらも試してみてください。

濃厚好きにおすすめ!コートドール タブレット・ミルクの口コミまとめ!

コートドール タブレット・ミルクは、ブランドコンセプトの通り濃厚で美味しいアイテムでした!
カカオと甘さのバランスも良く、スティック状に割れるので食べやすいのも魅力です。

普段のおやつにも良いですが、大容量なので手作りお菓子用にも向いているでしょう。ベルギーの定番アイテムなので、海外チョコを食べてみたくなった時にも良いと思います。

私は買って大満足でしたし、違う味も食べたくなるほどでした。130年以上も愛され続ける板チョコの味が気になったら、ぜひ試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました