人気のスティックタイプ 経口補水液パウダーを口コミ!作り方は簡単?美味しい?賞味期限についてもご紹介!

水に溶かすだけで簡単に経口補水液が作れる粉末タイプを試してみたら、とっても良かったので口コミします!

1回分の経口補水液が個包装されたパウダータイプは、水さえあれば外出先でもすぐに経口補水液が作れるのでとっても便利です!荷物にもならないので携帯にもピッタリなんですよ。

そんなスティックタイプの経口補水液パウダーの作り方や味、賞味期限などについて詳しくレビューしていきます!

Amazonや楽天、ドラッグストアでとくに人気の経口補水液パウダーの比較もあるのでチェックしてみてくださいね。

粉末 経口補水液パウダーの良かった点・良くなかった点

まずはこの商品の良かったところ、よくなかったところをまとめています。参考にしてみてくださいね!

良かった点

  • 必要なときに必要な分だけ経口補水液が作れる
  • サッと水に溶けて簡単に経口補水液が作れる
  • スティックタイプで携帯に便利
  • 保存に場所を取らない
  • ゼリータイプの経口補水液より価格が手頃

良くなかった点

  • フルーツの風味は好みが分かれるかも

スティックタイプの経口補水液パウダーの良いところは手軽さです!必要なときに必要な分だけサッと経口補水液が作れるので、常備しておくと安心です。

スティックタイプは携帯にも便利ですし、保存にも場所を取りません。価格もゼリータイプ(パウチ)より手頃なのがいいですね。

ライチやグレープなどフルーツ風味の経口補水液が多いですが、味付きが苦手な場合は無香料のものを選ぶのがおすすめです。

作り方や賞味期限は?経口補水液パウダーの詳細をレビュー!

まずは、今回試してみた日本トリムの「TRIM 経口補水液POWDER」についてレビューしていきます。

管理人
管理人

スティックタイプの経口補水液はどのメーカーも同じような仕様なので、例として参考にしてみてくださいね。

水に溶かして飲むスティックタイプで1箱に30袋入り(5g×30袋入り 税込2,700円)

WHO(世界保健機関)が推奨する浸透圧と、米国小児科学会が推奨する電解質・糖質がバランス良く配合された経口補水液です。

賞味期限は各スティックにもプリントされています。一般的に、ペットボトルやゼリータイプの経口補水液よりもパウダーの方が賞味期限は長いので保存にも向いています。

開封してみました!まっ白のサラサラしたパウダーでライチの香りがフワッとします。

作り方は1袋を水に溶かすだけです!粉末なので水の量によって好みのミネラル濃度に調整できますが、下記の水分量が目安となります。

  • 経口補水液(屋外や運動中・入浴後など):水200ml
  • 暑さ対策飲料(室内での暑い日対策):水500ml

200mlの水で経口補水液を作ってみました!かき混ぜなくてもいいくらい良く溶けましたよ。

カップや水筒、ペットボトルなどに入れて簡単に作れますが、ミネラル成分で容器が腐食することもあるので金属以外の容器を使ってくださいね。

美味しい?経口補水液パウダーを飲んでみたレビュー!

200mlの水で溶かした経口補水液を飲んでみました!

味はペットボトル入りの経口補水液と同じです。

200mlの水で作ると味の濃いフルーツ風味のポカリスエットという感じです。とくにおいしいとは思いませんが、経口補水液はそういうものですよね。

500mlの水で作ると甘みがかなり減り、しょっぱさを強く感じます。フルーツ風味も和らぎますよ。室内でも暑い日に少しずつ飲むといいですね。

人気の経口補水液パウダーを比較!販売店と価格もチェック!

レビューでは日本トリムの経口補水液パウダーを紹介しましたが、同じような経口補水液パウダーはAmazonや楽天でも販売されています。

今回はAmazonや楽天でとくに人気が高いスティックタイプの経口補水液パウダーを3つ比較します。どれも★4つ以上と口コミも良いものばかりですよ。

商品名エブリサポート経口水
パウダー(大塚製薬)
ダブルエイド経口水パウダー(五洲薬品)OS-1経口水パウダー
(大塚製薬)
イメージ画像
容量1袋6g
(10/20/50/100本入り)
1袋6g
(10/12/50/150本入り)
1袋15g・30g
(10袋入り)
価格2,990円(50本入り)2,980円(50本入り)3,198円(10袋入り)
1本あたりの価格59.8円59.6円319.8円
おすすめ度4.54.03.5
風味グレープグレープ
原材料ブドウ糖(国内製造)
デキストリン
食塩/塩化K
クエン酸・クエン酸Na
香料
リン酸Na
硫酸Mg
グルタミン酸Na
甘味料(スクラロース、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
二酸化ケイ素
ブドウ糖
マルトデキストリン
食塩、海塩
クエン酸ナトリウム
塩化カリウム
酸味料
香料
乳酸カルシウム
クエン酸
ビタミンC
硫酸マグネシウム
甘味料(ステビア)
ナイアシン
ビタミンB2・B1・B6(原材料の一部に乳を含む)
糖類(ブドウ糖
マルトデキストリン)
食塩
クエン酸(Na)
塩化K
リン酸Na
糊料(プルラン)
炭酸Mg
甘味料(スクラロース、タウマチン)
香料
栄養成分熱量 16kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0g
炭水化物 4.0g
食塩相当量 1.0g
カリウム 452mg
マグネシウム 16mg
リン 31mg
熱量 19.2kcal
たんぱく質・脂質 0g
炭水化物 4.8g
ナトリウム 345mg
カリウム 157.3mg
マグネシウム 4.8mg
カルシウム 9.6mg
熱量 51kcal
たんぱく質・脂質 0g
炭水化物 12.7g
食塩相当量 1.485g
カリウム 397mg
マグネシウム 12.5mg
リン 31.5mg
管理人
管理人

配分量や風味は多少違いますが、どのメーカーもWHOが提唱する経口補水理論の考え方をベースに作られています!

おすすめNo.1は大塚製薬のエブリサポート経口水パウダーとさせていただきました!10~100本入りと用途に合わせて選べますし、本数が多いほど価格も少し安くなりますよ。

フルーツ風味が苦手な場合は、五洲薬品のダブルエイド経口水パウダーがいいですね。

CMでも有名な大塚製薬のOS-1経口水パウダーは、1袋15gで500ml・1袋30gで1Lの経口補水液が作れます。少し割高感があるので★3.5とさせていただきました。

スティックタイプ 経口補水液パウダーの口コミをチェック!

ここからは、先に紹介した3つの経口補水液パウダーの口コミを2つずつ紹介します!気になる商品の口コミをさらに知りたい場合は、口コミ下のリンクからチェックしてみてくださいね

エブリサポート経口補水液パウダーの口コミ

ダブルエイド経口補水液パウダーの口コミ

甘すぎず、薄すぎず、飲みやすい経口補水液パウダー。

ペットボトルの経口補水液2本を持って仕事に行ってましたが、今は自分で作り持っていき、足りなかったら、常備しているスティックを水で溶かしています。出先でも、やばいなと思ったら、水を買い、スティックを入れて飲めるし、手軽で便利です。

五洲薬品
¥3,200(2022/12/09 08:33:09時点 Amazon調べ-詳細)

オーエスワン(OS-1)経口補水液パウダーの口コミ

粉末タイプなので保存期間が長いのも良いですね。

家での保存、持ち運びも便利。500mlの水に溶かすだけです。発熱はもちろんこの時期の外出やスポーツの時に使用しやすいです。

スティックタイプ 経口補水液パウダーの口コミまとめ!

どの経口補水液パウダーも味に関しては「好きな味で飲みやすい」「少し苦手」など、好みによって評価が分かれています。

ですが、パウダータイプは「水に溶かすだけなので便利」「かさばらず軽いので携帯しやすい」「保存期間が長くて助かる」などの良い口コミが多かったです。

「ペットボトルやゼリータイプよりも経済的」という口コミもありました。

スティックタイプの粉末 経口補水液パウダーのまとめ!

スティックタイプの経口補水液パウダーは手軽にミネラルが摂れ、携帯・保存にも便利です!

水があればどこででも作れるので、携帯しておくといざというときにも助かりますよ。経口補水液を選ぶときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました