大きくて美味しい元祖の味!浪花屋製菓の大粒柿の種を実食レビュー!

今回購入したのは、浪花屋製菓の「元祖 大粒柿の種 進物缶(G10)」です。浪花屋製菓は「元祖 柿の種」が人気の老舗企業ですよ!

大粒の柿の種を初めて実食してみて「元祖」を実感しました。とっても美味しくて誰かにプレゼントしたくなる味です!まずは食べてみて、良かった点と良くなかった点を以下にまとめてみました。

浪花屋製菓 元祖 大粒柿の種の良かった点・良くなかった点

    良かった点

  • 米の味がわかる味わい
  • 1粒のサイズが大きい
  • 乾燥剤付で保存しやすい
  • 缶は収納として使える
  • プレゼントにも向いている
    良くなかった点

  • フタが開きにくい

上記のように、たくさんの良い点があって買って良かったなと思えたアイテムなんです。それぞれポイントごとにご紹介します。

一番良かった点は、米の味がわかる味わいです。新潟産の水稲もち米の良い風味を引き出しています!
味付けは濃過ぎずバランスが良くて上品です。

また、1粒のサイズが大きいのも気に入りました!大粒というだけあって約4cmもの長さがあります。
一口で食べられますが噛んだ時のガリッと感が爽快です。

乾燥剤付で保存しやすいのも良かった点です。柿の種を缶に入れたまま保存することができます!

そして、缶が収納として使えるのもポイントです。大きめでノスタルジー溢れる缶は収納用品としても使えます!
見せる収納としても向いていますよ。

独特の雰囲気があり味も上品なのでプレゼントにも良いでしょう。

なぜ浪花屋製菓 大粒柿の種を購入したのかというと「元祖」の柿の種を食べてみたくなったからです!
元々柿の種は大好きでよくスーパーにあるアイテムを買っていました。

でも元祖があると知って興味が湧いて食べたくなったんです。実際に食べてみると上品な味わいでビックリしました!カジュアルなお菓子だと思っていましたが見方が変わったんです。

でも気になる良くなかった点もありました。ここからはアイテムの特徴とともに実食した感想を詳しくレビューします!

浪花屋製菓 元祖 大粒柿の種の特徴を徹底レビュー!

それでは、浪花屋製菓 大粒柿の種の特徴を徹底レビューしていきます!通販で購入し届いた時は緑の包装紙に包まれていました。

存在感のあるサイズで200mlの豆乳と比べても大きいのがわかります。今回購入したのは大粒の進物缶タイプですが、他に普通サイズ粒や化粧箱タイプもありお好みや用途に合わせて選べるんです。

包装紙には原材料名の記載がありました。カロリーは100gあたり389kcalで内容量は20g×12袋 合計240gです。

よく見ると緑の包装紙にカニが描かれているのがわかりました!これは、さるかに合戦をイメージしているのでしょうか。洒落がきいています。

包装紙を開くと本体の缶が登場しました!古民家と近くで遊んでいる子供、柿の木や馬をひく人などノスタルジー感のある素敵な柄です。2種類の柄が2辺に描かれています。

缶のサイズは約高さ11×横17.3×奥行17.3cmでした。大きめですが見た目の割りに軽いです。

さっそくフタを開けたいと思います!フタには「コイン状のものでフタを持ち上げる」と書かれていて、小銭で開けようとしましたがビクともしません。

良くなかった点でも触れましたが「フタが開きにくい」です。慣れていれば簡単かもしれませんがなかなか開きませんでした。

そこで、厚めのポイントカードを差し込んで隙間を広げてからコインを使うとやっと開きました!フタには「湿気防止のために固く閉めてある」ともあり本当に固かったです。

ポイントカードが割れそうだったので壊れてもよいもを使うのがおすすめです。注意書きもあって湿気防止のため仕方ないですが、開きにくいことには変わりありません。出先で開ける時には気をつけてください。

とにかく無事に開けることができました!

ちなみに、保存時はフタを半開き状態にしています。湿気対策には良くないと思いますが、少しだけグッと閉じて手で開くくらいにしていますよ。

フタを開くと大粒柿の種の小袋と冊子が見えました。

小袋は和紙風のタイプで高級感があります。

そして、冊子には大粒柿の種の歴史とともにテーマソングの譜面と歌詞が書かれていたんです!テーマソングは6番まであり可愛らしく憎めない良さがあります。

公式サイトには歌を実際に視聴できるページもありましたので下記にリンクしておきます!
「元祖 浪花屋の柿の種のテーマソング」の視聴ページ

全て取り出すと全部で12袋入っていました。缶の取り出し口はちょうど良い大きさでスムーズに出せます。

缶底には乾燥剤が入っていて湿気防止対策も万全でした!開封後でもフタを閉めていれば対策ができるんです。

こうやって見ていると早く食べたい気持ちが高まります。次は実食していきますね!

浪花屋製菓 元祖 大粒柿の種を実食!

続いて浪花屋製菓 大粒柿の種を実食します!袋を開けると醤油の香ばしいかおりが漂いました。

1粒取り出してサイズを測ると約長さ4×幅1.1cm(最長部分)もあり大粒というのがわかります。市販の一般的なサイズは約長さ2.5cmなので1.5倍以上もある計算です。

1袋に入っていた数は18粒+割れでした。1粒が大きいのでお皿に乗せた感じも多く感じますね。

それでは麦茶とともにいただきます!1粒口に運ぶとガリッとした硬めの食感でお米の味がしっかり感じられました。後から醤油とほんのり唐辛子が感じられてとっても美味しいです!

柿の種はカジュアルなお菓子だと決めつけていましたが、このアイテムは上品さがあってプレゼントにも良いなと思いました。すぐに1袋食べ終えてしまうほどです!(笑)

次の小袋も食べたい気持ちを抑えて明日に取っておくことにしました。

大粒柿の種の進物缶は食べた後も使える!

大粒柿の種の進物缶は食べた後も使えます!中にたっぷり入れられるので、私は使いかけの毛糸をしまう収納として使っているんです。

見た目も可愛らしくて気に入っています♪四角いので使い勝手が良いです。

このように、元祖 大粒柿の種はビックリするほど上品で美味しいアイテムでした。「柿の種をプレゼントってどうだろう?」と思っていましたがこれなら断然アリです。

柿の種の見方が変わりました。上品な味わいなのでおやつとしても良いですしビールのお供にもバッチリ合うと思います。大粒なので食べ応えもありました。

ちょっと贅沢なおやつやプレゼント選びに迷っている時にぜひ参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました