kawaguchiの合皮用補修シートを口コミ!使い方や持ちを徹底解説!

合皮製品に穴が開いたり、破れてしまったりすることってありますよね。穴が無ければまだ使えるアイテムも多く、捨てるのはもったいなく感じる場合もあります。

そんな時に活用したいのが「合皮用補修シート」です!私は愛用のイスが破れてしまい初めて使いましたが、とっても簡単で3ヶ月経った今でも問題ありません。使って良かった便利なアイテムです。

今回は、kawaguchiの合皮用補修シートの特徴と使い方・売っている場所など徹底的にレビューします!
貼り付けてから3ヶ月後の様子も写真でご紹介しますよ。

kawaguchiの合皮用補修シート(シールタイプ)の特徴をレビュー!

合皮用補修シートの特徴からご紹介します。通販で購入しましたが折り目もなくキレイな状態で届きました。
今回は黒色を購入しています。

さっそく取り出してみると表面は合皮そのもので、一般的なシボ(革のようなシワ模様)が入っていました。
のっぺりした質感かと思っていたのでシボが入っていることに感動です!裏面はシールのはく離紙でした。

サイズは決まっていて幅8×長さ12cmとなります。些細な穴や破れなら問題なくカバーできる大きさです。

裏面には注意書きが多めに書かれています。主に、補修シート自体も劣化することや再度貼り直すと粘着が弱まること、本革などの高級品には使えないことが記載されていました。

使ってみてわかりましたが、粘着力が強いため一度貼ったら剥がせない可能性があります。本当に貼って良いか注意書きも確認して吟味した方が良いでしょう。

kawaguchiの合皮用補修シートの色バリエーション!

kawaguchiの合皮用補修シートの色バリエーションもご紹介します!今回は黒を購入しましたが、他に8色があり白・アイボリー・グレー・茶・半透明など落ち着いたカラーが揃います。

どうしても、色は微妙な違いがあってわかりづらいですが、補修したいアイテムと全く同じ色にするのは難しいと感じました。

上記写真は、補修シートと私が補修した黒色のイスを比較してみました。色味とシボの感じ、光に当たってテカる風合いが違っているのがわかります。

それでも私は補修して長く使うことができ良かったです。ですが、場所によっては目立ってしまう可能性もある点はご留意ください。

kawaguchiの合皮用補修シートの使い方!

それでは、合皮用補修シートの使い方をご紹介します!基本的には切って貼るだけの簡単な作業ですが、ポイントが記載されていたので以下にまとめました。

  1. カット時は大きめに切る。角を丸くすると剥がれにくい。
  2. 補修したい部分の汚れ・油分をキレイに取る。
  3. シワができないように貼り付けて強く圧着させる。

上記のようにちょっとしたことですが長く貼るためのポイントがあるんです。ここからは、私が実際に作業した様子も解説していきます!

補修したい場所は私が愛用しているイスの座面です。端の部分が縫い目に沿って割れてしまいました。
見た目もみすぼらしく、割れた部分に服が引っかかることもありストレスです。

まずは、イスに実際に当てて切り出すサイズを決定します。補修カ所が細長いため、貼った後の強度も考慮して大きめにすることにしました。

特に座面には摩擦があるため負荷がかからないよう大きなサイズにしましたよ。この時点でイスの汚れと油分を拭き取りました。

次に、補修シートをカットします。最初はカッターで切ろうとしたのですが、刃に粘着が付いてしまうのかヨレてうまくいきませんでした。

カッターの切れ味が悪かったのかもしれませんが、ハサミの方が扱いやすくスムーズに切れます!もちろん、特別なハサミではなく普通の事務用アイテムです。

そして、切り出したい形が完成しました!私のイスの場合は立体的な形だったので、カーブ部分に切り込みを入れて貼る作戦です。

貼った後に気づきましたが、私は右上の角を丸くするのを忘れてしまっていました。皆様はこのようなことがないよう、角を丸くして剥がれにくくしてください!

続いて、はく離紙をはがします。補修シートの裏面はキュプラ80%・ナイロン20%とのことで、普通の布に粘着が付着している感じです。

粘着面に触るとかなり強力で下手に引っ張ると補修シート同士でくっついてしまいそうになります。

ちなみに、補修シートは少し伸びるようになっていました。これなら貼りやすいですし、座面のような伸び縮みが必要な部分にも使えるでしょう。

最後に端っこからズレないように貼り付けて完成です!端っこから少しずつシワや空気が入らないよう、少し引き伸ばすようにして貼りました。

貼り付けた境目を触ると多少段差が感じられますがあまり目立たず良い感じです♪ 引っかかりもありません。

また、カーブの切り込みを入れた部分は補修シートを重ねていますが大きな違和感は無いかなと思います。

横から見るとシートを張ってる感が目立ちました。私の場合は自宅のイスなのでそこまで気になりませんが場所によっては目立ちます。この点にはご注意ください。

kawaguchiの合皮用補修シートは強力?3ヶ月後の様子!

上記写真は合皮用補修シートを貼ってから3ヶ月後の様子です!座る時に多少気をつけていますがほぼ毎日使用していて剥がれは起きていません。

貼る前はどんどんほつれて、服や手が引っかかってイヤな気分になっていました。でも、貼ってからは快適でもっと早く貼れば良かったなと感じます。

たまに一部分が浮いている時もあるものの手で抑えればすぐに戻りました。耐久性はまずまずだと思います。
総合的に大満足のアイテムです♪

kawaguchiの合皮用補修シートはどこに売ってるか!

Amazon楽天Yahoo!
300円495円488円

※価格は送料込で執筆時のものです。

kawaguchiの合皮用補修シートはどこに売ってるかを調査してみました!実店舗だと手芸用品店やカー用品店などにあるようですが、私の自宅の近くでは見当たらないという結果です。

通販の場合はAmazon・楽天・Yahoo!で販売されていました!その中でも最も安いのはAmazonです。

とは言っても、楽天・Yahoo!も約190円の差なのでポイント消化したい時には便利だと思います。いずれも実店舗よりは通販の方が確実に購入できるでしょう。

kawaguchiの合皮用補修シート口コミまとめ!

kawaguchiの合皮用補修シートは手軽に使えてアイテムの寿命を伸ばせました!もっと難しいのかと思っていましたが素人でも慎重にやれば簡単です。不器用な私でも補修ができて満足しています♪

自転車のサドルや合皮ソファなど使えるアイテムの幅が広いのも魅力です。破れたからと捨ててしまう前に、ぜひ補修ができるか確認してみてください!

新たに買い直すよりもお得になるかもしれません。補修するかどうか迷っている時の参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました