マイボトルが便利!HARIOのスティックボトル140を徹底レビュー!

今回購入したのは、HARIO(ハリオ)の「スティックボトル140 SSB-140」です!ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーで、キッチン用品や食器なども扱っています。

そんなハリオのスティックボトルが、とっても便利だったのでレビューしますね。まずは使ってみて、良かった点と良くなかった点を以下にまとめました!

    良かった点

  • 約1杯分の手頃なサイズ
  • 高級感のある手触り
  • お手入れがしやすい
    良くなかった点

  • パッキンが取りにくい

最も良かった点は、約1杯分の手頃なサイズです。実用量は140mlとコップ約1杯分で、ちょっとした散歩や自宅でもコップ代わりとして使えます!

また高級感のある手触りも、良かった点です。珍しい少しザラッとした質感で、中央にはシルバーのロゴがありオシャレな雰囲気が楽しめますよ。

そしてなんと言っても、お手入れがしやすいのも気に入っています。構造がシンプルなので、細かい分解が不要です。

なぜハリオのスティックボトルを購入したかと言うと、外出時に少しだけ飲み物を持ち出したいなと思ったからなんです。散歩やちょっとしたお出かけの時、毎回コンビニや自販機で買うのが手間だなと思っていました。

また毎回、飲みたいものが売っているとは限りません。なので少量でその時に飲みたいものを持ち出せるアイテムを探して、ハリオのスティックボトルに行き着きました

結果的に見た目もおしゃれで使い勝手も良く、お気に入りのアイテムとなったのです。でも良くなかった点もありました。ここからはアイテムの特徴とともに、良くなかった点も含めてレビューしますね!

HARIO(ハリオ)のスティックボトル140 SSB-140の使用レビュー!

それでは、ハリオのスティックボトルの使用レビューをしていきます!まず箱はコンパクトながら厚みがあり、ガッチリ中を守ってくれていました。

セット内容は「本体」「取り扱い説明」の2点です。

さっそくサイズを測ってみると高さは約15.6×径4.6cmでスリムな感じですね。200mlの紙パック飲料と比べてもスリムです。

また重さは約121gと軽量で、単一電池で言うと約1個分ほどです。持った印象はビックリするくらい軽くて、中に飲み物を入れた状態でも軽いなと感じられます

サイズもスリムで軽いため、ポケットに入れられます。特に冬はアウターのポケットに入れられるので、より便利です

小さめのバッグにも、スッと入れられます!

そして本体はザラッとした高級感のある質感で、オシャレ感があります。

上面はツヤっとしたステンレスで、底面はザラッとした質感が続いていますよ。

内側はステンレスで、効力は「保温:50度以上(6時間) / 保冷:14度以下(6時間)」です。

試しに熱湯を満水まで入れた状態で、放置してみました。30分後は熱くて飲めず、1時間後は飲める程度ほどです。小さいためか保温・保冷の効力はまずまずですね。

フタはスクリュー式で、本体内側はステンレスになっています。

そしてフタを開けると、すぐに飲み口があるシンプルな構造です。金属部分に口をつける形ですが、当たりも良く違和感がありません

飲み物を注ぐ時は、上部から直接入れます。

注ぎ口は約3.4cmと狭めですが、数回入れると慣れました!

もちろん逆さまにしてもフタをしっかり締めていれば、漏れたりせず大丈夫です

またお手入れする時は、通常の食器と同じように中性洗剤で洗えます。ですが我が家のスポンジでは、高さがギリギリでした。なので気になる場合は、サイズを確認するか水筒用のブラシを使うのが無難です

ブラシは小さいボトル向けの「ポケトルクリーナー」がおすすめです。小型のボトルに使いやすいよう、工夫されています。

洗っている時に気になったのが、良くなかった点でも挙げた「パッキンが取りにくい」ことです。以下の写真のように取り外しができるんですが、どうも手では無理で色々試してみました。

そして、試した末に「カニ用スプーン」が一番取りやすかったです!我が家ではこれを使うことにしました。

他にもつまようじやフォークでもできたので、何かしら使えるアイテムはあると思います。自分なりの取り方が決まったので、今では気になっていません。

ちなみに外側は水弾きも良く、洗いやすいです!パッキンは少し取りにくいですが、構造自体はシンプルなので洗いやすいアイテムだなと思っています

このように日常的に使いやすく、お手入れがしやすいのでとっても気に入っています。またオシャレ感があるので、出先で使う時に自分のテンションを上げられますよ!

ぜひあなたのボトル選びの参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました