バッファローの電源タップが雷サージ防止付で便利!実際に使ってみたレビュー!

今回購入したのは、BUFFALO(バッファロー)の「電源タップトリプル(雷サージ防止付) BSTAPD01WH」です。バッファローはパソコン周辺機器の大手メーカーで、リーズナブルな価格で評判も良いんですよ!

そんなバッファローの電源タップトリプルは、雷サージ防止機能付で大切な機器を守ってくれるんです。まずは使ってみて、良かった点と良く無かった点を以下にまとめました。

    良かった点

  • 雷サージ防止機能がある
  • 2個並べて設置できる
  • 接続部が外れにくい
    良くなかった点

  • ランプがまぶしい

一番良かった点は、雷サージ防止機能があるところです。雷サージとは「落雷時、瞬間的に過大電流が流れる」ことです。

その影響によって、コンセントやアンテナなどに接続していた機器に過剰な電気が流れ、故障したり火災の原因になる危険性があります。それを防止してくれるのが、雷サージ防止機能です!

絶対大丈夫というものではありませんし、保険のようなものですが安心感はあります。

また2個並べて設置できるのも、良かった点です。複数の機器を接続したかったため、これはとても良かった点でした!

容量は合計1500Wまでなので、接続する機器のW数確認は必要です。ですが2個並べることで、抜き差しの回数が減りスムーズに使えています。

そして接続部が外れにくいのも、便利だなと思ったポイントです。結構硬めの作りになっていて、AC電源のような大きめのものを接続しても抜けにくいですよ!

なぜバッファローの電源タップトリプルを購入したかと言うと、PCの雷対策をしたかったからなんです。自宅にいる場合、雷が鳴ったらPC周辺機器のコンセントは全て抜いています。

ですが外出中や寝ている間に雷が鳴っても、何もできないため対策したくなったんです。今でもやはり鳴ったら抜いていますが、以前より心配が減ってひと安心しています!

それでも実際に使ってみると良く無かった点もありました。ここからはアイテムの特徴やサイズとともに、良く無かった点も含めてレビューしますね!

バッファローの電源タップトリプル(雷サージ防止付)BSTAPD01WHを徹底レビュー!

それでは、バッファローの電源タップトリプルを徹底レビューしていきます!まず最初に電気製品と接続するものなので、注意事項は必ず読んでください。

電源タップでありがちな事故は容量を超えてしまうことで、大変危険です。取り扱いにはご注意くださいね。

では説明に戻ります!見た目はいわゆる、一般的な電源タップと変わりません。サイズは約縦7.3×横3.2×厚さ(プラグ部を除く)2.2cmでした。

合計3個口のタイプで、正面に2口と下側に1口があります。

コンセントプラグは耐トラッキング仕様で、絶縁素材が巻かれているんです。どうしても積もってしまうホコリによる火災を防止してくれます!

良かった点でも触れましたが、差込口は硬めになっているため外れにくいです。抜き差しが頻繁だと手間かもしれませんが、自然に抜けてしまうより良いと思います。

そしてコンセントに接続すると、雷サージ機能が作動しているという合図のランプが光ります。一度雷を受けると機能が働かなくなる場合もあるため、ランプの点灯確認は重要ですよ。

ですがこのランプが良く無かった点でも触れたように、まぶしいのです。我が家の場合は寝室に設置していて、明るい時間帯は問題ないのですが夜は気になります。

なので数十cm離れた位置に囲いをして、目隠しをすることにしました!これならランプが点灯しているかの確認もでき、まぶしいこともありません。今ではとっても快適に使えています!

このように大切な機器を守るための保険的な役割として、大活躍してくれているんです。あるのと無いのとでは、安心感が違います!

ぜひ電源タップを検討する時の参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました