1人鍋から普段の料理にも活躍!パール金属の便利な卓上鍋の使用レビュー!

今回購入したのは、パール金属の「ガラス蓋付卓上鍋 NEW風情(18cm) HB-4023」です。パール金属はリーズナブルな価格で、キッチン用品や日用品を中心に展開する人気企業ですよ。

実際に使うととても便利で、料理のモチベーションも上がったのでレビューしますね。まずは良かった点・良くなかった点を、以下にまとめてみました!

    良かった点

  • 3層コートでこびりつかない
  • フタに菜箸やおたまが乗せられる
  • 軽い
    良くなかった点

  • 持ち手が熱くなる
  • 塗装のハゲがあった

最も良かった点は、3層コートでこびりつかないところです。この卓上鍋には「ブルーシャイントップコート」「プリントコート」「プライマーコーティング(ダイヤモンド粒子配合)」の3つのコート層があります。

鍋の内側を見ると、キラキラとうっすら青く光っています!

この3層のコートがあるおかげで、こびりつきがとっても少ないです。試しに最初は卵雑炊を作りましたが、こびりつきませんでした!

そしてフタに菜箸やおたまが乗せられるのも、とても使いやすいと思った点です。フタの持ち手には、窪みがあり菜箸やおたまを乗せられるんですよ。

購入する前はフタに乗せることはしないだろうと思っていましたが、いざ使ってみると大変便利でした。(笑)

また本体が軽いのも、良かったと感じたポイントです。フタ無しの鍋だけでは約428gと、500mlのペットボトル飲料よりも軽いんですよ!重いと洗う時が大変ですが、これなら隅々まで楽に洗えます。

なぜパール金属の卓上鍋を購入したかというと、副菜を作る時の小さな鍋が欲しかったからなんです。我が家にはカレーを作るような大きな鍋しかなく、少量の料理には向いていませんでした。

そのため、なんとなく副菜を作るのを手間に感じていました。ですがこの卓上鍋を購入してからは、ちょっとした煮込みや野菜の下ごしらえなどスムーズに作れるようになったんです

そんな良い点が多い卓上鍋ですが、実際に使ってみると良くなかった点もありました。ここからは卓上鍋の良かった特徴とともに、良くなかった点も含めてレビューしていきますね!

パール金属のガラス蓋付卓上鍋 NEW風情HB-4023の使用レビュー!

それではここからは、パール金属の卓上鍋 NEW風情(18cm)の使用レビューをご紹介します。まずセット内容は、以下の写真の通りで「鍋本体」「強化ガラス製フタ」「取り扱い説明書」の3点です。

ちなみに箱から開けた時、強化ガラス製フタは丁寧に入れられていました。ガラスなので配送は少し心配でしたが、箱にミッチリと入れられているので中で動いてしまうような隙間もありませんでしたよ

裏面はこのようになっています。オール熱源対応でガス火・IHヒーターはもちろん、シーズヒーターやラジエントヒーターでも使えます。

今回私が購入したのは18cmなので、一人鍋やちょっとした副菜用にちょうど良いサイズです。ですが同じシリーズで20・24・26・28cmがあるため、お好みのサイズが選べますよ!

18cmタイプの重さは、フタと本体込みで約785gでした。本体だけだと約428gなので、かなり軽いです。

なので洗い物をする時も、とっても楽チンなんですよ。そしてフタには箸置きがあります

これがとっても便利で、菜箸やおたまも乗せられます。

そして細かい部分ですが、フタの持ち手には窪みがあるんです!この窪みがあるので滑りにくいし、落としにくくなっています。

ちょっとした配慮ですが、心配りを感じますね!またフタは逆さまにしても置けますが、斜めになります。

そして本体の持ち手は、おしゃれな感じになっていますよ。18cm以外のサイズだと四角い持ち手ですが、こちらだけは伸び出したようなおしゃれなデザインです

ですが良くなかった点でも挙げましたが、この持ち手は熱くなってしまうんです。鍋と同じ素材なので当然と言えばそうなのですが、私は購入時に見逃してしまっていました!

なので調理中は、鍋全体が熱くなるのです。

ですので鍋つかみが必要ですよ。

また鍋ごと食卓に乗せる場合は、鍋敷きも必須です!

私は持ち手も熱くなることを見逃してしまっていましたが、商品ページの口コミでも同じような声がいくつかありました。でも鍋つかみや鍋敷きは100均にもあるので、そこですぐに調達したため今は問題ありません!

そして鍋つかみや鍋敷きは、他の場面でも使えるので重宝しています。なので最初は「しまった!」と思いましたが、現在は気になりませんよ

そして鍋底はがっちりした感じなので、コンロに乗せても安定感があります。小さめで軽いので、安定が気になっていましたが大丈夫でした!

また付属のフタは強化ガラスタイプで、中が見えるのも調理しやすいポイントだなと思います。

お手入れに関しては食器と同様に、中性洗剤とスポンジでOKです。持ち手が一体型になっているので、とっても洗いやすかったですよ!

そして洗っている時に気づいたのが、2つ目の良くなかった点で挙げた塗装のハゲを発見しました。ハゲは左右の持ち手と、鍋のフチに数カ所ありましたよ。

価格が手頃なので、その分少し雑な部分があるのかもしれません。発見した時は気になりましたが、鍋の内側ではありませんしキズでは無いので良しとしました

このように良くなかった点もありましたが、こびりつかずに洗いやすいので重宝しています。副菜を作るモチベーションもアップして、より彩のある食卓を囲めそうです♪

ぜひあなたの鍋選びの参考にしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました