久世福商店のなかなか減らない柿の種を徹底口コミ!開け方・入個数を計測!

安くて美味しい柿の種はたくさんありますが、ワンランク上の原料や製法にこだわったアイテムもあるんです。

その中でも久世福商店の「なかなか減らないやみつき柿の種」は、国産もち米を使って伝統的製法で作られた話題の柿ピーなんですよ!実際に食べてみて美味しくて手が止まらなくなってしまいました。

また、独特のレトロであまり見ない独特な容器の開け方・入個数も計測しています。

今回は口コミで美味しいと人気の「なかなか減らないやみつき柿の種」を細かい部分まで徹底レビューします!
お菓子大好きな私が実際に食べた本音の感想をまとめました。

久世福商店の【なかなか減らないやみつき柿の種】を商品レビュー!

それでは、久世福商店のなかなか減らないやみつき柿の種を商品レビューしていきますね。通販で購入して届いた状態は上記写真のように包装は無くレトロな容器でした。

サイドには黒いシールも貼ってあり高級感があります!

容器を手に取ると大きめな感じでサイズは約縦13.5×径13cmです。円筒形の壺のようにさえ見えます。

内容量は360gでカロリーは100gあたり440kcalです。亀田の柿の種6袋パックは190gなので久世福商店の柿の種は量が多いのがわかります。容器の中でザカザカと動く柿の種は迫力があるんです。

また、カロリーは一般的な柿の種と大差ありませんでした。

中には乾燥剤も入っていて湿気対策もされています!やはりこれだけ量があるため容器で保管するのが前提のようです。

久世福商店のなかなか減らない柿の種の種類!

なかなか減らない柿の種の種類についてご紹介しますね!今回購入したのは↓ノーマルな醤油味のタイプです。

この他に、袋入り(85g)のタイプで「ほたてバター」「山椒」「チーズと黒胡椒」がありました!残念ながらこちらは公式サイトにも写真がありませんが名前だけでも美味しそうな感じがします。

久世福商店の柿の種の種類にアソートもある!

同じ容器のタイプでアソートもあります!その名も↓「久世福のなかなか減らないやみつきミックスセブン」です。

こちらは柿の種を含む7つの味が入っているようですね。

他に↓「久世福のなかなか減らない やみつきあられ&野菜スティック」もあります。野菜スティックが入っていて彩も良いです!

[訳あり品・アウトレット] [賞味期限2021年07月20日]【久世福商店】久世福のなかなか減らないやみつきあられ&野菜スティック 250g

久世福商店 なかなか減らない柿の種の開け方!

なかなか減らない柿の種の開け方について解説します!初めて見るフタで最初は全く開け方がわかりませんでした。(笑)

フタ上部にある説明を読んで、なんとか無事に開けることができたのでその方法をご紹介しますね!

フタにある丸い部分に指をかけて、フタ上面に記載された矢印方面に引き出してください。上記写真の場合は左方面でグッと引っ張り取ります。

この状態でフタを回すと簡単に開くんです!仕組みは理解しにくいですが開けられました。

そして、赤いフタを開けると内蓋があります。こちらも開いてください。

これで開封できました!内心ヒヤヒヤしましたが一度やればもう怖くありません。開封すると醤油とおせんべいの香ばしい香りが漂いました。

ちなみに、フタにパッキン類はありませんがしっかり閉まります。

柿の種を手の平に乗せてサイズを比較してみました!表記通り不揃いなのでサイズはバラバラですが大体約縦2.9×横1cmです。少し大きめかなと感じます。

久世福商店 なかなか減らない柿の種を数えました!

なかなか減らないやみつき柿の種は何個入っているのか数えてみます!割れているものは「複数合わせてだいたい1個かな?」で1個としてざっくりとカウントしました。

半分ほど来たところで、ピーナッツの割合は少なめに感じます。おせんべいの方が多く割れているものは少ないです。

1時間ほどで数え終わりました!全て取り出した空の容器がとってもスッキリ感じられます。

結果は「柿の種:671個 / ピーナッツ:101個」です!割合は誤差もあると思いますが約7:3でしょうか。見た感じよりピーナッツが多かった印象です。

使ったお皿は約直径22.5×深さ3cmもありますが、横から見ると山盛りで改めて量の多さにビックリします。これだけあれば「なかなか減らない」というのは間違いありませんね。

全て取り出してみて分かったのはスプーンを使うとスムーズということでした!斜めにしても良いですが口が広いのでスプーンがおすすめです。続いて、実食していきます!

久世福商店 なかなか減らない柿の種を実食!

なかなか減らない柿の種を実食すると、カリッとした歯応えのあるおせんべいがとても美味しいです。
おせんべいの中は空洞ではなく詰まっていてボリュームを感じます。

また、ピーナッツはほんのりとバター感があってコク深い味わいです。原材料欄に唐辛子の記載がありますが辛味は少なめに感じました。お子様でも食べやすい味付けです。

おせんべいの表面に凸凹があるため、醤油味の濃い部分・薄い部分があり病みつきになってしまう気持ちがわかります!

大人2人で毎日食べて1週間ほどで無くなりました。同じ味のはずですが飽きずに食べ続けましたよ!
梅雨の時期でしたが湿気も感じませんでした。

久世福商店 柿の種の気になる製造元!

製造元を確認すると「株式会社三真」という千葉県の米菓メーカーです。伝統的製法を行なっていて創業1973年の歴史あるメーカーですね。

久世福商店の公式サイトに「なかなか減らないやみつき柿の種」の特集ページがあり、工場の担当者のインタビューや具体的な製法について紹介されていました。

上記サイトでは具体的なメーカー名は明記されていませんでしたが、商品に製造者として株式会社三真が記載されていたので間違いはないでしょう。

なかなか減らない柿の種の詰め替え?

詰め替え自体はありません。食べ終わったら改めて容器ごと購入する形になると思います。

ですが、容器自体はしっかりしているため他の柿の種を詰め替えても良さそうです!味わいは久世福商店のものとは違いますが容器としては使えます!

久世福商店 なかなか減らないやみつき柿の種の口コミまとめ!

このように、久世福商店のなかなか減らないやみつき柿の種は、名前の通りたっぷり入った美味しいアイテムでした。伝統的製法を使ったこだわりのアイテムなので特別な自分用おやつやプレゼントに良さそうです。

また、みんなでわいわい集まる時のおつまみとしても良いでしょう。辛味は控えめなので幅広い年代の人が食べやすいのも魅力ですね!

ぜひ、あなたのほっとひと息つく時のおやつや手土産選びの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました