クレンジング不要で敏感肌にもおすすめ!エトヴォス ディアミネラルファンデーションの私の口コミ

今回紹介するのは、クレンジング不要・石けんで落とせるエトヴォスの「ディアミネラルファンデーション」です!

数年前に「エトヴォス スターターキット」でミネラルファンデデビューしてから、定期便でずっと愛用しています。お肌に負担がかからない軽いつけ心地と自然なツヤ感が気に入っています♪

まずは、エトヴォス ディアミネラルファンデーションの良かった点と良くなかった点をまとめてみました。

エトヴォス ディアミネラルファンデーションの良かった点・良くなかった点

    良かった点

  • ナチュラルだけど適度なツヤ感で肌がキレイに見える
  • パウダーなのに仕上がりがしっとり
  • 軽いつけ心地で肌が楽
  • 時間が経ってもくすまない
  • クレンジング不要・石けんでメイクオフできる
  • レフィルがあるのでエコ・経済的
    良くなかった点

  • 携帯には不向き
  • 濃いシミを完全に隠すカバー力はない

エトヴォスのディアミネラルファンデーションは、ナチュラルで透明感のあるツヤ肌が好きな私にピッタリのルースファンデーションです。

濃いシミが隠れるほどのカバー力はありませんが、自然なツヤ感で肌をナチュラルにキレイに整えてくれるんです!

ミネラル成分が光を反射するので、発光したような血色のいい肌に見えるのも年齢肌には助かっています!

敏乾燥肌がルースファンデ(粉)を使うとパサパサしそうな気がしますが、仕上がりもしっとりなんですよ♪

お肌の悩みはいろいろあるのに、ディアミネラルファンデーションを使っていると「肌がキレイ」と言われることも!クレンジングを使わなくても、石けんで落とせるので肌が楽です♪

レフィルもあります。容器に移し替えるだけ!ゴミも少ないし、お値段もかなりお得なんですよ。

そんな定期便でずっと使っている「ディアミネラルファンデーション」をレビューで詳しく紹介します。使い方や色選び・下地選びなども紹介するので、参考にしてみてくださいね。

敏感肌にもおすすめ!エトヴォス ディアミネラルファンデの成分

エトヴォスのディアミネラルファンデーションは、ミネラルファンデのなかでもお肌にいちばんやさしい「ルースタイプ」のファンデです。

5つのミネラル成分が主成分です。

  • マイカ:皮脂を吸収し化粧崩れを防ぐ
  • シリカ:毛穴・シミをカバー
  • 酸化鉄:肌をきれいに見せる
  • 酸化チタン:紫外線(UV-B)をカット
  • 酸化亜鉛:紫外線(UV-A)をカット

精製度の高いミネラルが使われているので、時間が経ってもくすみは気になりません。シリカや微細パールも使用されているので、色ムラのないツヤ肌に仕上がりますよ。

全成分:マイカ・シリカ・酸化亜鉛・ステアリン酸・酸化チタン・水酸化Al・酸化鉄

SPF25 PA++なので、ふだんの生活レベルの紫外線対策もバッチリです。界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・香料・防腐剤・アルコール・紫外線吸収剤無添加です。

カラーは?エトヴォス ディミネラルファンデーションの色選び

画像は公式HPよりお借りしています。

エトヴォス ディミネラルファンデーションは5色展開です。

ファンデーションの色を選ぶときには、首やフェイスラインの色味に近いものを選ぶと自然な仕上がりになります!まずは、自分の肌色のタイプが【ピンク系】または【イエロー系】かを選びます。

【イエロー系の場合】

  • 肌のトーンが標準・やや明るい肌色 → #30・#35
  • 日焼けしたような肌色 → #50

【ピンク系の場合】

  • 肌のトーンが標準より明るい肌色 → #20
  • 肌のトーンが標準的な肌色 → #35・#40

上記を参考にしながら、自分の肌色に近いカラーを選んでみてくださいね。

カバー力アップ!エトヴォス ディアミネラルファンデーションの使い方!

ディアミネラルファンデーション 4つの使い方のコツ

  1. 乾いた肌に使う
  2. 下地を使う
  3. 使用量は少量(小豆大)にする
  4. メイクブラシを使う

ディアミネラルファンデーションを上手に使うコツは4つです!

まずは、乾いた肌に使います。肌が塗れているとファンデがムラづきしやすくなるので注意してください。

また、下地を使うと仕上がりが格段によくなります!私は「ミネラルインナートリートメントベース」や「ナイトミネラルファンデーション」を気分に合わせて使っています。

ナイトミネラルファンデーションは、下地にも仕上げのパウダーとしても使える優れものです!

こちらもクレンジング不要。石けんでオフできます♪

そして、ファンデーションの使用量も大切です!「少し少ないかな?」と思うぐらいの少量(小豆大)がちょうどいいです。量が多いとムラになったり、お肌のアラが逆に目立つので注意してくださいね。

メイクブラシも必須です。

ディアミネラルファンデーションの上手な使い方

使い方で仕上がりがすごく変わるので、参考にしてみてくださいね♪

中ブタを矢印の方にクルっと回して開けます。

ファンデーションのフタに中身を少量出します。

フタの上でブラシにファンデを含ませます。フタの上でブラシをクルクル回すと、均一につきますよ。

ここがいちばん大切!フタの端でブラシをトントンと軽くたたいて、余分なファンデを落とします。余分なファンデがついていると、きれいに仕上がりません!

これくらいまで落としたら(もう少し落としてもいいかも)、お肌にのせていきます。

ブラシを垂直にして、内側から外側へクルクル回しながら顔の半分を塗ります。顔半分を塗ったら、もう一度、少量(小豆大)を出して残りの半分も同じように。

顔全体に均一に塗るよりも、カバーしたいところや目の下の三角ゾーン・頬に多めに塗ると仕上がりがキレイですよ!

上の写真のように、ブラシにファンデが残っていないくらいクルクルと塗ったら完成です。

使用量が少ないので、毎日使ってもディアミネラルファンデーション1つで2~3ヵ月は持ちますよ。

エトヴォス ディアミネラルファンデーションのまとめ

エトヴォス ディアミネラルファンデーションは、こんな場合におすすめのファンデです!

  • 肌への負担が少ないファンデーションを探している
  • 石けんで落とせるファンデーションを探している
  • ナチュラルなツヤ感のある仕上がりが好き
  • ほどよいカバー力があるファンデーションを探している
  • 肌が乾燥しやすい・肌が敏感

少量から試したい場合は「スターターキット」もあります。メイクブラシもセットになっているのですぐに使えますよ。

ディアミネラルファンデーションのほかにも、エトヴォスにはカバー力の高い「マットスムースミネラルファンデーション」やリキッド・クッションファンデなどもあります。ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました