曙産業のモチワリの実機使用レビュー!お餅を簡単に分割できて便利!

今回購入したのは、株式会社曙産業の「モチワリ SE-2506」です。切り餅を簡単に8分割できる、便利なアイテムですよ!

実際に使ってみて、簡単に私の悩みが解決できたのでレビューしますね。まずは使ってみて、良かった点・良くなかった点を以下にまとめてみました。

    良かった点

  • 手早く切り分けられる
  • 強い力が要らない
  • 料理に使いやすい
    良くなかった点

  • お餅の断面がガタつく
  • 洗う時に注意が必要

最も良かった点は、手早く切り分けられるところです。切り餅を包丁で切っていた頃は、硬いため時間がかかっていました。

ですがモチワリを使えば、切り餅1個で1分もかからずに8分割できます

また強い力が要らないのも魅力的です。押す動作は必要になりますが、包丁で切る時と比べると力が要らないため手が痛くなりません。

そして分割したお餅は、料理に使いやすいのも良かった点です。そのまま焼いて食べても良いのですが、お鍋に入れたりお好み焼きやぜんざいなど幅広く使いやすくなります!

なぜモチワリを購入したかと言うと、自宅でおかきをスムーズに作りたかったからなんです。私はおかきが大好きで、よく余ったお餅で作っています。

ですがお餅を切るのが大変で、手が包丁跡で真っ赤になってしまうのが悩みだったんです。それがキツいなと思い、良いアイテムを探していたところモチワリに出会いました

最初に使った時には、楽すぎてビックリしたほどです。でも使ってみないとわからない、良くなかった点もありました。ここからは商品の使い方や特徴とともに、良くなかった点も併せてレビューしますね!

曙産業のモチワリSE-2506の特徴と使い方を徹底レビュー!

それでは、曙産業のモチワリの特徴と使い方を徹底レビューしていきます!まず箱はコンパクトな感じで、中央に「モチワリ」と書かれているのが印象的です。

箱を開けると、すぐに注意書きが目に飛び込んできます。

私は「大したことない」と思って安易に扱い、痛い思いをしました。本体の内側にある刃は、本当に痛いのでご注意くださいね

セット内容は、以下の写真のように「本体」「取り扱い説明書」の2つです。

本体は3つの部品に分かれます。

ここからは、使い方をご紹介しますね!まずは切り餅を用意します。本体の内側のサイズは約縦8×幅5.5×厚さ1.7cmでした。

切り餅のサイズは地域や商品によって違いますが、小包装されている長四角のタイプなら大体OKです。今回は約縦6.2×幅4×厚さ1.6cmの切り餅を用意しました。

まずは切り餅を袋から取り出し、黒い部品の上にセットします。

次にもう1つの黒い部品(フタ)を、かぶせてセットしましょう。

続いて両端に手をついて、上からグッと押します。少し体重をかけるようにすると、楽に押し込むことができますよ。下がらなくなるまで押してください。

そして赤い部品を乗せてお餅を押すようにすると、黒い部品の片側が取れて外れるんです。

ここでお餅を受け止めるお皿を用意し、もう一度赤い部品を乗せて押すと完全に部品から取れます

するとお餅に切り込みが入った状態になっているため、仕上げに手で軽く割ってください。この工程でも強い力はほとんど使いません。

これで切り餅の8分割が完成です!とっても簡単ですよね。手順を覚えれば、1個あたり1分もかからずに切り分けることができます

多少ズレはありますが、今回のお餅の場合8分割で約縦1.5×幅2×厚さ1.6cmにできました。

ここで発見したのが、良くなかった点でも挙げた「お餅の断面がガタつく」ところです。断面はまっすぐではなく、ガタガタしています。

モチワリの仕組みは「お餅の所々にミシン目を入れて割る」というものなので、多少は仕方ないかなと思います。
この状態でも調理すると、目立たないので私は気にしていません。(笑)

試しに焼いてみると以下の写真のように、お餅が膨らむのでガタつきはほとんど見えません。

そしてひと口サイズなので噛み切りやすく、火の通りも少し早いなと感じました!我が家ではおかきはもちろん、お鍋の時にも活躍していますよ。

またお手入れは食器と同じように、中性洗剤で洗えます。

ですが、良くなかった点でも触れたように「洗う時には注意が必要」です。刃の方向が違うため慎重に洗ってください。

また刃の間にはカスがつきやすいので、私は軽くブラシで落としてから洗っています。

当然ですが、刃があるアイテムなので洗う時には注意が必要です。最初は手間だと思いましたが、今は慣れてスムーズに洗えるようになり大きな手間には感じていません

このように簡単にお餅を8分割することができる、便利なアイテムなんです。良くなかった点はありますが、それよりもメリットの方が大きいのでカバーして有り余ります

ぜひお餅を切り分けたい時や、余ってしまった場合の参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました